富士正のリフォーム

代表取締役 鈴木悠介

代表取締役 鈴木悠介

~心のつながりを明日への信頼に~

当社は、祖父が材木店として昭和21年に創業し70年以上となります。
創業時は、戦後まもなくということもあり、復興時期とも重なり材木販売が当時のニーズにあった商売だったと聞いております。その後、法規制等の問題や高齢化による建築職人不足で都内に木造建物の新築が減少し、鉄筋コンクリートを中心とする不燃構造物が主流となって参りました。
こうした背景の下、前社長が建築資材の販売から建築を通し夢を現実にしていくということで今のリフォーム工事や改修工事を行い始めた様です。

リフォーム工事は、人生最大のイベントになることが多いです。
お客様の物件をお預かりし工事を行います。
工事によっては、高額な工事になることもあり、お客様のご希望と当社からのご提案で一緒に設計を行っていくこともリフォーム工事の楽しみのひとつとなります。
お引渡し後に富士正ハウジングに頼んで良かった。次回も工事する際は、お願いしたいと言われる様 社員一同日々努力しております。

また、皆様がお持ちの不動産等を維持するためにどの様な修繕を行っていけば良いのかご提案させて頂きます。
我々の持っている建築の知識を十分に発揮しより良いご提案をさせて頂きます。

~心のつながりを明日への信頼に~を社員一同掲げお客様に信頼して頂き、安心して依頼して頂ける様歩んでいきます。